ピェッタ ヘルゲ

私達は全ての鍵が我々の管理下にあるとの確信が必要です

私達は全ての鍵が我々の管理下にあるとの確信が必要です

ヴェステルヴィーク市の救急サービスの時間短縮に貢献する鍵ボックス


救急サービスでは、常に整理整頓がきちっとされていなければなりません。つまり非常に単純ですが、緊急事態が起こった時には探す時間なぞは無いということです。ヴェステルヴィーク市の救急サービス部は 全ての鍵がその管理下にあることを確実にする為に、また、誰がその鍵を使ったのかを事後にきちっと分かる様にする為、クレオーネ社の鍵キャビネットを選びました。

私たちは、クレオーネ社の鍵キャビネットを長い間使うことで、私達は自分たちの鍵をきちっと整理して保管しなければならないというセキュリティ意識を植え付けられました。」とヴェステルヴィーク市消防署のシニア・

・オフィサーであるピェッタ・ヘルゲ氏はおっしゃいます。

 鍵管理 

ヴェステルヴィーク市の救急サービス部は、クレオーネ社の鍵キャビネットを同市の6ヶ所に設置することとしました。これにより、確実な鍵管理システムが整備されたので、たとえ異常事態が起こったとしても、誰が何をしたのかをチェックできます。