Royal Belgian Institute of Natural Sciences

電子キー管理により最新の状態に育った


自然博物館である王立ベルギー自然科学研究所は、170年以上の歴史を誇っています。この大規模かつ労働集約的な施設は、毎年30,000人以上の訪問客を迎えています。博物館は設立以来、昔ながらの営業方法に大きく依存してきました。セキュリティシステムとキー管理を含む。

 

手動から自動に至り

最近まで、何百ものキーが同じ方法で管理されていました。それらのキーは、博物館の各階にある木製板の釘に掛けられていました。毎日、日の末に木製板は金庫に片付けられ、翌朝再び取り出され、巨大な建物のそれぞれの場所に置き戻されました。技術的なメンテナンスおよび同様の作業用の特別なキーは集められ、受付にて手動署名されました。




常時キーを完全にコントロール

Keycontrol unitsうち2つは、博物館の戦略的に選択された場所に設置されているため、今はすべてのキーを完全にコントロールできます。各キーの持ち出しは、デジタル的に記録されるようになりましたが、過去はキーが失くなったり、従業員によって誤って持ち帰られたりしました。デジタルロギングにより、博物館は年中無休でキーを監視できるため、キーがどこで誰によって使用されているかがわかります。現在、すべてのキーは博物館内にとどまっています。これは、関係者が建物6翼内部の領域に常にアクセスできることも意味します。







Image Gallery